シャネルのお手入れ

ブランドバッグを買取価格に大きく影響するメンテナンス。汚れや傷が目立つバッグよりも、キレイなバッグのほうが買取価格は高くなります。それもそのはず、汚れや傷があれば、買い取った側で掃除をしたり、補修をしたりしなければなりません。その分、買取価格から差し引かれてしまうことが多いのです。
セルフメンテナンスをするだけで、買取価格は高くなるため、自分でできるメンテナンスのポイントや方法を知っておきましょう。

革製品のお手入れ

必要な物

革製品を拭くための布
表面の汚れやカビ除去を除去するスプレー
細部の汚れを除去する、消しゴム
レザーソープ(劣化を蘇らせながら汚れをとる石鹸)
革用栄養クリーム
革用防水スプレー
レザーグローブ(革製品お手入れ用)

お手入れの手順

  自分でできるメンテナンスとしてまずやっておきたいのが、汚れをキレイに落とすことです。水で濡らしたタオルでゴシゴシ擦るといった方法もNGです。特に皮製品は水に濡れるとシミができたり、色落ちしたりすることがあります。また、皮に含まれる油分が抜けて、ゴワついてしまことも。付着した汚れは、乾いた布でていねいに拭き取りましょう。
  ブラシや乾いた布で汚れを落としたら、皮専用のクリーナーで汚れを落とすとよりキレイになります。クリーナーには洗浄力の強いものもありますが、洗浄力が強いほど皮に与えるダメージも大きいので、最初は弱アルカリ性から試してみてください。できるだけ皮にダメージの少ないクリームを選ぶと失敗しません。
  クリーナーで汚れを落としたら、クリームで油分と水分を補給します。クリームを塗ることで、バッグの柔軟性を保つとともにツヤを与えてくれるのです。一度にたくさん塗ろうとせず、少量ずつ塗り込んだほうがいいでしょう。クリームを塗ったら、乾いた布で余分なクリームを取り除いてください。
白のバッグは汚れが目立ちやすいです。普段から使った後は毎回ブラシでホコリを落とすようにしましょう。専用のクリームなども量を使い過ぎるとシミになることもあるので、薄く伸ばすようにしてください。

キャビアスキンのお手入れ

布に汚れ落としのスプレーをかけ、汚れをふき取ります。細かい汚れは消しゴムで軽くこすって落とします。ここで強く擦りすぎると傷つけてしまうので注意しましょう。
布の奇麗なところにレザーソープをつけて拭きます。クリームをふき取ったら、栄養クリームをまんべんなく塗ります。栄養クリームはつけすぎるとベタついてしまうので、薄く塗るように心がけましょう。
最後に防水スプレーを少し離した位置から吹きかけ、レザーグローブで全体をふき取ったら手入れ終了です。
手入れは3ヶ月に1度は行うようにしましょう。

カーフスキンのお手入れ

カーフスキンは生後6ヶ月以内の子牛の革で作られた上質な素材です。キメが細かく柔らかな肌触りが特徴です。
他の牛革に比べると柔らかいため、どうしても軽く引っかいただけでも傷がついてしまいます。そのためなるべく丁寧に扱い、汚れやホコリがついた時はメガネ拭きなど柔らかい布でやさしく拭き取りましょう。またカビが生えないように、なるべく風通しのいい湿気の少ない場所に保管してください。

ラムスキンのお手入れ

ラムスキンは生後6ヶ月以内の子羊の革で、つや消ししたようなマットな質感と滑らかで柔らかい手触りが特徴のシャネルの定番素材です。繊細な素材のため傷つきやすいですが、丁寧に扱うことで長く愛用できます。
購入したらまずは防水スプレーをしましょう。表面に防水スプレーをすることで汚れがつきにくくなり、ついてしまった汚れも落としやすくなります。使った後はホコリを落としポリッシングクロスに革用保湿剤を使って、デイリーケアをすることで革が長持ちしてくれます。

革製品以外の素材

ブランドバッグには皮製品だけでなく、さまざまな素材や色が使われています。そのため素材や色に合わせたメンテナンスが必要です。皮以外の、エナメル、キャンバスなど、それぞれ専用のクリームやローションがありますので、それぞれに適したものを使うようにしましょう。

エナメルのお手入れ

エナメルに皮専用のクリームなどを使うと表面のコーティングが剥がれてしまい、ツヤが失われてしまうことがあるので注意が必要です。防水スプレーにも注意してください。エナメルのバッグに使用すると、シミになってしまうことがあります。クリームの場合も、使い過ぎてシミになるケースがあるでしょう。ムースタイプが使いやすいためおすすめです。

キャンバスのお手入れ

水で薄めた中性洗剤を布に含ませて、叩くように拭き取ります。ゴシゴシと擦ると生地を傷めてしまいますので注意しましょう。汚れが落ちたら水を含ませた布を固く絞り、水拭きをしてください。全体的にくすんでいるなどといった汚れは、手洗いをおすすめします。色落ちすることがあるので、漂白剤は使わないようにしましょう。

ナイロンのお手入れ

ちょっとした汚れはブラシで落としましょう。それでも落ちない場合は、中性洗剤を薄めて布に含ませ叩くように拭きます。部分的な汚れは消しゴムで落とせる場合もあります。洗濯機を使うと型崩れしてしまうので、手洗いをしましょう。ナイロンは熱に非常に弱いので乾燥機なども使わないようにします。

収納方法

カビ対策

特に皮製品はカビが生えやすい素材です。湿気の多い時期などは特に注意が必要です。こまめに乾拭きをして、風通しのいい空間で保管するようにしましょう。乾燥剤などを使うのもおすすめですが、乾燥剤はバッグに直接ふれないように収納します。
(注意!)乾燥剤を入れ過ぎるのもよくありません。皮の水分も吸い取ってしまいます。乾燥剤は説明書を読み、適量を使うようにしましょう。

型崩れ対策

頻繁に使うものは、カゴやラックに並べて収納し、ホコリがかぶらないよう布を乗せておきます。バッグの中に紙などを入れて保管すれば、型崩れを防ぐことが可能です。

防虫対策

防虫剤はバッグの塗装や接着剤と化学反応を起こし、バッグを劣化させてしまう危険性があります。収納する際に防虫剤の使用は控えたほうがいいでしょう。

関連記事

  1. タイムレスクラシック

  2. カンボン&その他のライン

  3. 入手困難!ココハンドル

  4. ヴィンテージシャネル

  5. シャネルの遺伝子

  6. マトラッセ(matelasser)